小5〜中1生対象 「単位量あたり・割合」講座

「単位量あたり」「割合」は小5で初めて学習する単元です。

しかし、それを本質的に理解して解いている子は非常に少ないです。

(いるとしたら、必ず適切な指導とテキストで相当の練習量をこなしています)

できているように見える、わかったかのように見える子はいます。学校のテストでそこそこ取れれば、そう思っても仕方ありません。

中2、中3でも怪しい場合もあります。

中1では方程式の利用、中2では連立方程式の利用の単元で式が立てられないのは、割合・速さを理解していない、及び文章が理解できない、のいずれかです。

さらに計算力があって初めて正解となります。正解までに越えなければならない過程がどんどん増えていきます。その流れは以下のとおりです。

①幼児、小学生の早い段階から読解力をつける。

②小5の1学期に小数の割り算を学ぶ

↑現在ココ(小5生)

③小5の秋冬に割合・単位量あたりを学ぶ。

④小6に小数、分数の四則演算に習熟する。

そこで、小学校で一番難しい単元であり、中学まで尾を引く「単位量あたり・割合」講座を予定します。

小5〜中1生対象 「単位量あたり・割合」講座

① 9/22 (土) 9:00–10:30

② 9/29 (土) 9:00–10:30

各回 1000円 3名以上で開講します。

想定人数は5名程度です。

多数ご参加いただける場合、

来月以降もあと数回実施します。

使用テキストは【割合はかせ】です。

テキスト代は別途購入(850円)です。

お申し込みの方は、メールで返信願います。